日本カトリック神学会
学会誌
学会誌最新号   論文投稿募集   これまでの学会誌目次 
  学会誌案内
学会誌 本学会では年一回『日本カトリック神学会誌』を刊行しております。
非会員の方には有料頒布をしています。 定価 1,300円(税込)+送料 200円
ご希望の方は学会事務局までお申し込みください。
  学会誌 第32号
『日本カトリック神学会誌』 第32号 (2021年8月) 
日本カトリック神学会 学会誌 学術大会総合テーマ: 信仰と司牧

編集大学: 上智大学
編集長  : 角田 佑一
・ シンポジウム発題 信仰を生きた人々、信仰のあかし、信仰を伝え育むこと

・趣旨説明
阿部 仲麻呂 地域に根差した教区司祭と共に司牧の意義と可能性を考える

・発 題
浅井 太郎 濃尾崩れ ――見捨てられてきた信仰共同体

牧山 強美 信仰と司牧

松浦 信行 物語ることから見える世界

・討 論
・総 評
阿部 仲麻呂 信仰を生きる人々・信仰のあかし・信仰の伝達(教育)の考察から
  「たましいの世話」への深まりに向けて

・論 文
熊谷 友里 「キリストの花嫁」が歩む道としての典礼暦年
   ――プロスペル・ゲランジェ『典礼暦年』の一解釈

阿部 仲麻呂 信仰を奮い立たせる司牧的配慮としての「説教」の意義について
  ――古代教会から続く三位一体の神の働きの出来事の伝承をあかしすること

佐々木 亘 キリストの正義 ――『神はなぜ人間となられたのか』における正義論

菊地 了 マックス・シェーラーのアシジの聖フランシスコ観
   ――「隣人愛の秘跡」についての哲学的考察

・編集後記 角田 佑一
  論文投稿募集
  第33号 原稿募集のご案内
2021年9月6日~7日の2日間にわたり、「第33回学術大会」は当会初の対面・オンライン形式にて
無事に終了することができました。
つきましては、次号『日本カトリック神学会誌』33号(2022年8月下旬発行予定)への投稿について、
ご案内を差し上げます。

下記「募集要項」のとおり原稿を募集いたしますので、奮ってご寄稿くださいますようお願い申し上げます。
今回研究発表された方々、また広く学会員の皆様からの原稿をお待ちいたしております。
  募集要項
  募集要項の詳細は下のPDFファイルをご覧ください。
また、投稿用のWordファイルは、右クリックでダウンロード(保存)してください。

提出締切: 2022年2月15日(火)まで


 PDFファイル

 Wordファイル
  日本カトリック神学会 学会誌
    これまでの 学会誌目次

Copyright ©  日本カトリック神学会 All Rights Reserved.